時々絵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子孫を残したくない国

<<   作成日時 : 2017/06/16 07:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日、この国の未来が真っ暗になった。

これじゃ、どこかの国と同じ、独裁国家ではないか。

どうしてこんなことがまかり通ってしまうのか。

暗澹たる気持ちになった。

自分一人の力ではどうしようもない歯がゆさ、やりきれなさでいっぱいになる。


私は毎回選挙に行っている。

でも何か大きな流れに押しつぶされ、事態は悪い方へ悪い方へと突き進む。

個人の力では抵抗のしようがない。

これ以上どうしたらいいのだろう。



私には成人した子どもがいるが、

孫が期待できないことを常日頃残念に思っていた。

でも、考えてみたら、国の未来を心配するのは

自分の子孫が幸せであってほしいからだ。

それを思ったら、孫に恵まれないことは、

今のこの国のあり様の中で、悪くないことに思われてきた。



自分の寿命が尽きるとき、後顧の憂いなく、逝けるではないか。

この国に子どもが生まれなくなったのは、

そういうことだったのかもしれない。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

子孫を残したくない国 時々絵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる